京都にある、洗える着物、浴衣、振袖、和装小物取り扱い店。販売・レンタル・出張着付等行っております。きものサロン川崎
着物豆知識
きもののたたみ方
豆知識イメージ1 豆知識イメージ2
裾を右にして着物を平らに広げ、脇の縫い目で 折ります。下前の袵(おくみ)を袵線で手前に折り 返します。 上前の衿と袵を下前に合わせて重ねます。
このとき、背縫いの衿から少し下(C)と
衿肩の角(A、B)から、衿を内側に倒して 折ります。
豆知識イメージ3 豆知識イメージ4
背縫いで折って、左の脇縫いを右の脇縫いに合 わせ、左右の身頃と袖を重ねます。 左袖を身頃の上に折り返します。このとき 男物は袖幅が広いので、袖付けの縫い目より少 し袖側を折ります。
豆知識イメージ5 豆知識イメージ6
身頃の丈を二つ折りにします。衿部分がかさば らないように、衿先のあたりで折り返すとよいでしょ う。 きものを向こう側に返し、右袖を身頃に重 ねます。
豆知識イメージ7
収納場所の幅に合わせて、さらに小さくたたむ 場合は、袖丈の位置で折ります。紋があれば、紋に 薄紙を当てておきます。  
長襦袢のたたみ方
豆知識イメージ2-1 豆知識イメージ2-2
裾を右にして平らに広げ、両脇の縫い目で身頃 を折り重ねます。 右脇縫いが身幅の中央になるように折り、
袖口から袖幅の2/3あたりで袖を折り返します。
豆知識イメージ2-3 豆知識イメージ2-4
左側も同様に折り、左袖を右袖の上に折り重ね ます。 肩山から少し下に裾がくるようにして、丈を 二つに折ります。
羽織のたたみ方
豆知識イメージ3-1 豆知識イメージ3-2
裾を右にして平らに広げ、両脇をまち幅中心で 折ります。衿は衿付け線から内側に倒して折ります。
左衿を右衿に重ねます。
背縫いで折って、両脇線が揃うように身頃と袖 を重ねます。このとき、衿部分の厚みでシワができ ないよう、衿の陰に白い紙などを挟むと良いでしょ 。う
豆知識イメージ3-3 豆知識イメージ3-4
袖を片方ずつ、それぞれの身頃側に折り返しま す。 衿が厚いので、羽織丈は折らないほうがよいの ですが、収納場所に入らない時は、袖丈に合わせて 丈を折り返します。できれば折り目に芯を挟みます。
ぞうりの埃を落とす
脱いだ後は、底の湿気を取るために立てかけて陰干しを。
佐賀錦など裂地などのぞうりは、ガーゼなどの柔らかな布で、布目に沿って 軽く叩くように埃を取ります。エナメルは、やはり布で拭き、汚れていたら エナメル用のクリーナーを使います。ぞうりも湿気に弱いので、風通しのよ いところにしまいます。特に裂地のものは、帯と同様に気をつけて保管する こと。
豆知識イメージ4-1
衿などの汚れを落とす
半衿やきものの衿山、袖口などの軽い汚れを家庭で落とす場合、
まず平らなところに白いタオルを敷き、その上にきものを広げます。白い ガーゼやタオルにベンジンを含ませたもので、汚れの周りを広く湿らせてか ら、汚れを叩くようにして落とし、十分乾かします。このとき、こすらない こと、輪ジミが残らないように広い範囲にぼかすことが大切。きものの染料 は基本的にベンジンでは落ちませんが、絶対とはいえないので、目立たない ところで試してから行いましょう。また、ベンジンで落ちるのは油性の汚れ だけで、水性の汚れは落ちません。
豆知識イメージ5-1